盛岡グルメ探検隊

相方と僕。たった二人の探検隊が、盛岡と周辺の美味しいもの、楽しい場所を素人目線で綴ります。

盛楼閣4


今日も行きます、盛岡冷麺探検隊。

今回は、自分自身が盛岡冷麺を好きになったきっかけとなったお店。

「盛楼閣」

盛楼閣5


盛岡駅前にそびえる、GENプラザの2階。
以前は上の階に大浴場つきのカプセルホテルやカラオケBOXがあり、
近くで勤務してた頃には、飲んだあとに帰宅が面倒になり泊まったこともありましたね。


現在は1階と地下のパチンコ屋さんとクレープ屋さん、そしてこの盛楼閣だけが営業しています。

盛楼閣3


盛楼閣6



実は最近お店の外装などをリニューアルして、入り口が高級感ある佇まいに変わりました。

週末などは相変わらず、1階から階段に行列ができているようです。



店内はやはり立地柄、観光客っぽい方が多い気がしますが、
意外とこちら平日の昼時はサラリーマンや地元の奥様などもよくいらっしゃいますね。

盛楼閣7



さて、こちらの冷麺はなんと言ってもスープ。
じっくりと煮込まれた牛骨のテールスープ。
あっさりしてるのに、コクがある。

やはりこちらも辛味を投入する前にぜひスープだけで味わってください。


盛楼閣1


盛岡冷麺(辛味別)1000円

いよいよトッピングがりんごからスイカに移行し始めましたね
地元民はこうしたトッピングに慣れてしまってますが、
時々近くで観光客が「えーっ、スイカ入ってるよ!ウケル!」とか聞こえてきて、ウケル

盛楼閣9


こちらのキムチは薄切り大根、キャベツで酸味が効いてます。

こちらは相方の「特辛」

盛楼閣2


もうね。。
ここまで辛くして美味しいの?って毎回思います

麺は太めでコシがあってツルシコ、盛楼閣の冷麺は特にこの弾力あるコシがいいですね。


サラリーマン時代に夜遅くに食べにきてましたが、当時から他店に比べてお値段が高めでしたので、
自分にとってはちょっと贅沢な夕食でしたね。

そのときから冷麺は盛楼閣と決めていましたし、お金に余裕があるときはお肉をいただいたり、
ビールを飲みながら焼肉、最後の締めに冷麺なんてこともありました。


あれから20年経っても、自分にとっては特別なお店であり、
特別な盛岡冷麺なのです。

ごちそうさまでした。

盛楼閣

盛岡市盛岡駅前通15-5
ワールドインGENプラザ2F
019-654-8752
営業時間:11:00~翌2:00
年中無休

盛岡冷麺.com

福田パン





にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 盛岡情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村





もりしげ4


盛岡冷麺大好き!

毎日でも食べたい!

ヤマトの冷麺まつり万歳!

まさにこれからの季節、じめじめの梅雨にはさっぱり冷麺!
暑い日には冷麺!涼しくても冷麺!ラーメンより冷麺!(大人の事情により小声)

なのに毎回通うお店って決まってたりしますよね


で今回は、

気になってたのに・・・
美味しいって噂は聞いてたけど・・・
食べてみたいんだけど・・・

で有名な、

あの「もりしげ」さんです。

隊長も実は食わず嫌いというか、お店のオーラに負けて、
これまでお邪魔したことがありませんでした。



やはりこの店の外観でしょうか・・・

もりしげ7


本当に営業してるのだろうか?

外観同様、店内も・・・・なのかしら?

○べログや他の方のブログを見て大体の感じは知ってましたので、店内の様子は想像できたんですが、
肝心の冷麺が他のお店のとは何か違うよね・・・

この1点が楽しみであり一番の不安の種でした。

それでも大好きな冷麺ですので、わくわくしながらお邪魔しました。

もりしげ2


店内はテーブル席とお座敷席、どちらもコンロが乗ってます。
壁や貼ってあるメニューにも年季が感じられますが、意外とお店の外観と比べて綺麗でしたね。

しかしお肉もホルモンも安い!
そして冷麺も安い!
お値段ずっと変わってないのかな・・・

冷麺 600円(大盛りは750円)

もりしげ3


もりしげ6


まずスープの色がけっこう濃い。

そして麺が太い!

こちらの冷麺は、辛味は別添えのキムチになります。
中身は大根のカクテキとキャベツ。

もりしげ8


冷麺を注文するとこちらの壷入りキムチが供されますが、
好きなだけ小皿に取り分けて使うことが出来ます。

c473430192b411b1a87fd65eb4d70497


実はこの日のキムチはちょっと味が薄めだったんですが、聞いた話ですと日によって漬かり方が違うとのことです。

それからトッピングの具材が他店とは少し違います。
りんごやスイカではなく、缶詰みかん。
乗ってるお肉は鶏。

この鶏チャーシュー(?)は割といけますよ。

スープは若干甘めで、とろみが強いですね。
太くて透き通ったモチモチ麺がこのスープに激合う!

そしてまず、キムチを入れずにオリジナルスープを味わってください。

「うまいじゃん!」
キムチなしでも美味しい冷麺が、真に旨い冷麺なのです。

なのでキムチを乗せつつも、キムチ汁に侵されない部分を残して、
両方の味を堪能するという贅沢。

いままで俺が食ってた冷麺はいったいなんだったんだろう・・・と、感動と後悔の入り混じった気持ちで無我夢中で貪る隊長。

なんか他のお店の冷麺と違って、麺と一緒に色んな具材が口に押し寄せてくる感じですね。



自分の食わず嫌いを呪いながら、今後ヘビーローテーションになろうであろう、
この昭和テイストなベストオブ盛岡冷麺、

もりしげさんを後にしました。
外のでかい、値段の書いてる看板はどうにかしようよ・・・

ごちそうさまでした。

もりしげ

岩手県盛岡市東仙北1-10-39
019-635-0737
営業時間・ 定休日:11:00~21:00
木曜定休日

盛岡冷麺.com

福田パン





にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 盛岡情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村



DAlAcGuXcAAplzj


やはりここは外せない!

ちょうどいいタイミングで冷麺まつりが開催されるということで、
行ってきました、焼肉・冷麺ヤ~マ~ト~♪

まつり期間中はほんと混みますよね
よく行くのは、本宮、津志田、みたけ・・・と、脈絡なく分散してます


事情により探検隊は約1名、お肉が苦手という人生の1/3は損してる隊員がいるために、
まつりであろうが、半額だろうが、焼肉を食べるということはありません。


い~んです!
焼肉屋さんとは、探検隊にとって盛岡冷麺を食べるところですから(キリッ

ヤマト2


ヤマトさんもいつのまにかハイテク化され、注文も会計も楽々。

ヤマト3


お肉は注文しないのに炭を交換されたりすると何か申し訳ないですよね


自分→一生変わらぬ「辛味別」通称"別辛"
相方→その店で一番辛いレベル、ヤマトでは「特辛」

ヤマト1


ヤマト4


ヤマトのキムチはカクテキなんですよね。
あまり尖った辛味がなくてたくさん投入しても割と食べられちゃいます。

まだスイカには変わってないんだ。。

個人的には一番食べやすくて、毎回スープや麺に当たりはずれがない、食べ慣れた味って感じです。
390円はやっぱりお得ですよね。

ごちそう様でした。


焼肉・冷麺ヤマト



盛岡冷麺.com

福田パン





にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 盛岡情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村

盛岡冷麺探検隊、第2弾は・・・

またしても駅ビルフェザン
今回は地下のレストラン街にある、

「明明家(みょんみょんや)」

明明家6


とにかく盛岡駅周辺には超人気店が多くて、週末や連休はどこも激混みの中、
こちらは割りと曜日関係なく気軽に立ち寄れます

いつからあったんですかねえ。。
気が付いたらレストラン街にあった感じですが、冷麺目的で最初に目指してくることはなくて、
私の場合は一人焼肉を楽しむためのお店なんです。

店内も家族やグループよりも、お一人様(観光客も)利用が多くて、
自分的にハードルの低い、入店しやすいお店ですね。

それから入店時に、焼肉をするかどうかを尋ねられます。
冷麺のみの場合は専用のテーブル席になります。

明明家5


冷麺(辛味別)普通盛り 950円

明明家1


この日はまだトッピングはリンゴでした

ちなみに辛さは6段階。
辛味抜き、辛味別、小辛、中辛、辛口、特辛。
辛味抜きなんて他店にありましたっけ?


麺のコシは自分好みで固すぎず喉越しのよいちょい太めのツルシコ
スープは薄めの色にしては濃厚で牛骨の旨みはしっかり出てますね。

こちらは別の日に一人焼肉したときの、上ロース定食

明明家4


明明家3


明明家2


観光客や地元の人たちで混雑してる人気店もいいですが、
こうした気軽にふらっと入れて、美味しくお肉も冷麺も楽しめるお店もいいもんですよ。

ごちそう様でした。

明明家(みょんみょんや)

盛岡駅ビルフェザン地下1階レストラン街
019-654-7180
10:00~22:00
年中無休(フェザン定休日に準じる)

盛岡冷麺.com

福田パン





にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 盛岡情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村